自然住宅ならシックハウス症候群を気にせず暮らせる

男女

家を建てるにあたって

家の中の様子

予算配分も考える

兵庫に永く住みたい。兵庫で注文住宅を建てたい、と決心したら、まず予算を立てます。土地代、本体価格の他に付帯工事費がかかります。付帯工事とは、電気ガス.水道工事もそうですし、エアコン取り付けも含まれます。また地盤調査後に地盤が弱いと判明した場合、地盤改良工事が必要になります。注文住宅を立てる際にこだわりたいものの1つに外構があります。こちらも付帯工事費に含め、予算配分する必要があります。付帯工事費の目安は、は総予算の15%程度と言われています。その他費用として、登録費用.建築確認申請.銀行ローン手数料等もかかります。こちらも、総予算の15%程を予定しておきます。兵庫で注文住宅を手がけているハウスメーカーや、工務店選びをする際に、坪単価の表記にも注意が必要です。こちらの表記には基準がないので、各会社によって含まれるものが違ってきます。坪単価表記は、あくまで設備を標準仕様で仕上げた場合の数字であることが多く、オプションを付けていくとその数字が大きく変わることもあります。反対に一見、坪単価表記が高く見えても、その中に設備費や、外構が含まれていることもあります。予めどの程度含まれているかを、確認する必要があります。自分たちの中でも、どこの設備にこだわるのか優先順位をつけておくと、予算を大幅にオーバーする事を防げます。予算と言えば、注文住宅を建てる人の中には、銀行ローンを組む人も多いと思います。兵庫にもいくつもの銀行で、相談ができます。その際は、借りられる額というよりは、返せる額から考え、月々の支出をシュミレーションすることが大切です。